FreeBSD5.3設定メモ ルータの syslog

この記事は2005年頃に執筆した文書がもとになっている。

使用した OS は FreeBSD5.3-RELEASE。syslog を飛ばす機能がついているルータの使用を前提とする。

設定

全ログを取得する。

# vi /etc/syslog.conf
user.debug;user.notice;user.info        /var/log/router_log
# touch /var/log/router_log

ローカルネットワーク(例では 192.168.1.0/24)からの syslog のみ受信する。ルータのアドレス(192.168.1.1/32 等)を指定しても良い。

# vi /etc/rc.conf
syslogd_flags="-a 192.168.1.0/24"

ログをローテートする。

# vi /etc/newsyslog.conf
/var/log/router_log            640  10    *    $W6D0 Z

起動

syslogd を再起動するか、システムを再起動。

# kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid`
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。