Windows Server 2003設定メモ IIS(HTTP)

この記事は2006年頃に執筆した文書がもとになっている。

使用した OS は Windows Server 2003 Enterprise Edition。IIS のバージョンは 6.0。

インストール

ここではサーバーの役割管理からインストールする。FTPもインストールするなら、Windowsコンポーネントの追加と削除から行った方が良いだろう。

  1. サーバーの役割管理
  2. 役割を追加または削除する
  3. アプリケーションサーバーを選択

途中で OS の CD が必要になるので用意しておく。インストール終了後、Windows Update と FW の設定を行う。

バーチャルドメイン

一台のサーバに複数のドメインを割り当てる場合の設定。インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャから行う。

  1. 設定したい Web サイトのプロパティを開く
  2. Web サイト
  3. Web サイトの識別
  4. IP アドレスの詳細設定を開く
  5. この Web サイトの複数の ID で設定したい IP アドレスを選択して編集を開く
  6. ホスト ヘッダー値に割り当てたいドメインを入力

www 有りとなし両方でアクセスさせたい場合などは、同じ IP アドレスでそれぞれのホスト ヘッダー値で設定を追加してやれば良い。
なお、この設定を行うと当然のことながら IP アドレスからアクセスする事は出来なくなる。LAN 内からプライベートアドレスでアクセスしたい場合は、内向きの DNS を設定したり hosts ファイルを書き換えてやれば良いだろう。

エラーログ

HTTPD のエラーログはデフォルトだと %SystemRoot%\System32\LogFiles 以下に保存される事になっている。このパスを変更するにはレジストリエディタから、HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\HTTP\Parameters に文字列値で ErrorLoggingDir というキーを作成し、任意のパスを設定すれば良い。
その他、エラーログのオンオフ、最大サイズ(既定値1MB)なども指定可能。設定終了後、HTTP API ドライバを再起動。

>net stop HTTP
>net start HTTP

Web サイトの認証

Web サイト全体、もしくは特定のフォルダでユーザ名とパスワードによる認証を行う。インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャから設定。

  1. 設定したい Web サイト、もしくはフォルダのプロパティを開く
  2. ディレクトリ セキュリティ
  3. 認証とアクセス制御の編集を開く
  4. 匿名アクセスを有効にするのチェックを外す

ユーザ名とパスワードは、コンピュータの管理から追加する。

フォルダ内容の一覧表示

デフォルトではフォルダ内容の一覧表示は禁止されている。インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャから設定。

  1. 設定したい Web サイト、もしくはフォルダのプロパティを開く
  2. ディレクトリ(Web サイトならホーム ディレクトリタブ)
  3. ディレクトリの参照にチェック

参考 URL

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。