Windows Server 2003設定メモ リモートデスクトップ

この記事は2006年頃に執筆した文書がもとになっている。

使用したサーバ OS は Windows Server 2003 Enterprise Edition。クライアント OS は Windows XP Professional。

ホスト側の設定

デフォルトではオフになっている。システムのプロパティから設定。

  1. リモート
  2. リモートデスクトップ
  3. このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可するをチェック

設定後、FW でポートを開けておく。同じタブのリモート ユーザーの選択や管理ツールのユーザごとの設定で、リモートデスクトップにアクセス可能なユーザを指定出来る。

クライアント側の設定

XP ならデフォルトでインストールされている。プログラムのアクセサリ→通信→リモート デスクトップ接続。
設定で特に迷うところはないが、ローカルのファイルをリモートでコピペしたい場合は以下の設定が必要。

  1. ローカル リソース
  2. ローカル デバイスのディスクにチェック

ただし、D&D は出来ない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。