FreeBSD5.3設定メモ ntdp

この記事は2005年頃に執筆した文書がもとになっている。

使用した OS は FreeBSD5.3-RELEASE。FreeBSD 標準の ntpd である。

有効化

OS のインストール時に既にインストールされているので、rc.conf で有効化してやる。OS 起動時に ntpdate を起動して時刻を合わせてやる。ntpd は 5.x 以降、xntpd から ntpd になった模様。

# vi /etc/rc.conf
ntpdate_enable="YES"
ntpdate_flags="-s -b 210.173.160.57"
ntpd_enable="YES"
ntpd_flags="-p /var/run/ntpd.pid"

設定

好きな NTP サーバを指定する。例ではローカルネットワークは 192.168.1.0/24。

# vi /etc/ntp.conf
restrict default ignore

restrict 127.0.0.1
restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap nopeer noquery

restrict 210.173.160.57 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.87 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.27 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 133.100.9.2 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 133.100.11.8 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery

server 210.173.160.57
server 210.173.160.87
server 210.173.160.27
server 133.100.9.2
server 133.100.11.8

driftfile /etc/ntp.drift
# touch /etc/ntp.drift

起動

試しに ntpdate で時刻を修正。

# ntpdate 210.173.160.57

ntpd の起動は、

# /etc/rc.d/init.d/ntpd start

しばらくしてから、

# ntpq -p

で、動作確認。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。