FreeBSD5.3設定メモ FreeBSD5.3-RELEASEセットアップ

この記事は2005年頃に執筆した文書がもとになっている。

FreeBSD5.3-RELEASE をセットアップした際の備忘録。最低限(筆者が)必要な設定のみ載せている。なお、インストールは既に終わっているものとして話を進めていく。
古いマシンを利用している為、X 関連はインストールせず、SSE の設定も必要としていない。音もなし。主に Web サーバとして利用するものとする。

APM 有効化

5.x系では ACPI が標準で有効なので、若干設定が必要。

# vi /boot/device.hints
hint.apm.0.disabled="0"
# vi /boot/loader.conf
apm_load="YES"
# vi /etc/rc.conf
apm_enable="YES"

ブート画面を4.xの挙動に変更

デーモン君のブート画面から、以前の挙動に戻す。

# vi /boot/loader.conf
beastie_disable="YES"

sendmail 停止

タイトル通り。sendmail は当面使用しないと仮定して。

# vi /etc/rc.conf
sendmail_enable="NONE"

ついでに、syslog の設定もコメントアウトしておく。

# vi /etc/newsyslog.conf
#/var/log/sendmail.st        640  10       *    168   B

syslog 整理

要らないものはコメントアウトして、必要なものは追加。当たり前か。例えば以下のように。

# vi /etc/syslog.conf
#mail.info                    /var/log/maillog
console.info                    /var/log/console.log
*.*                        /var/log/all.log
# touch /var/log/all.log
# vi /etc/newsyslog.conf
#/var/log/maillog            640  7       *    @T00  J

linux エミュ

OS のインストール時に既にインストールされているものとして、プロセスファイルシステムの設定を追加。

# vi /etc/fstab
linproc     /compat/linux/proc     linprocfs     rw     0     0
# vi /compat/linux/etc/fstab
proc     /proc     procfs     rw     0     0

CVSup, portupgrade

ports やパッケージからインストール。入れるのは CVSup(net/cvsup-without-gui)、fastest_cvsup(sysutils/fastest_cvsup)、portupgrade(sysutils/portupgrade)。適当にシェルスクリプトを書いて、cron で定期的に実行してやる。

日本語環境

たまに必要になるので整備しておく。まずは ports やパッケージからkon(japanese/kon2-14dot)をインストール。その後5.x系では、

# vi /etc/devfs.conf
link    ttyv0    vga

としてやる。
jman(japanese/man, japanese/man-doc) もインストールしたら、

> vi ~/.cshrc
setenv PAGER jless
setenv LC_CTYPE ja_JP.eucJP
setenv JLESSCHARSET japanese
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。